泉鏡花の世界


泉鏡花、日本語の美しさを感じさせる幻想的な戯曲や小説を多数遺し、今なお根強い人気を誇る作家ですが、みなさんは彼のどの作品がお好きでしょうか? 「夜叉ケ池」や「草迷宮」など素敵な作品が多すぎて迷ってしまいますが、私は「春昼・春昼後刻」かもしれません。読後の余韻が素晴らしいのですよ……。

鏡花全集 第1巻 / 泉鏡花 / 岩波書店 / 1940(初版)
鏡花全集 第1巻 / 泉鏡花 / 岩波書店 / 1940(初版)

友人が空中に指文字を書くと慌てて消した、豆腐の「腐」の字を嫌って豆「府」と書いた、など、鏡花の文字や言葉にまつわるエピソードには事欠きません。それほどまでに言葉というものを大切にしていた鏡花だからこそ、あれほど美しい作品を書くことができたのだろうなぁとしみじみと感嘆してしまいます。

当店では日本文学や幻想文学などの買取りを承っております。出張買取も行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

本の出張買取
受付時間11:00~19:00(日曜12:00~17:00)
携帯電話も通話無料
古本買取のお問合せ・相談

投稿者:

店員N

店員N

ネット販売担当