「独居老人」のイメージをブチ壊す、特濃人生の大先輩たち。都築響一『独居老人スタイル』

「独居老人」のイメージを爽快にブチ壊してくれる最高の聞き書き・ルポです。読後、むしろ独居老人を羨ましく思えました。 独居老人への「かわいそう」「寂しそう」みたいな、勝手にこちらが抱いてるイメージを覆す、一人暮らしをエンジ … 続きを読む 「独居老人」のイメージをブチ壊す、特濃人生の大先輩たち。都築響一『独居老人スタイル』

[重要] 弊社のなりすましECサイトについてのご注意

いつも当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。 現在、草古堂の店舗情報を無断で使用し、当店と誤認させるようなウェブサイト(なりすましECサイト)を確認しておりますので、ご注意ください。 ■現在確認されている当店を … 続きを読む [重要] 弊社のなりすましECサイトについてのご注意

モンシロチョウは紫外線の夢を見るか?―日高敏隆『動物と人間の世界認識 イリュージョンなしに世界は見えない』

人間以外の動物たちが、どのように自分の周りの世界を知覚し認識しているのかを興味深く知ることができる前半と、人間がいかに倫理的な(つもりの)枠のなかで世界を捉えているかを、生物学から哲学へと枠をまたぎつつ気づかせてくれる後 … 続きを読む モンシロチョウは紫外線の夢を見るか?―日高敏隆『動物と人間の世界認識 イリュージョンなしに世界は見えない』

新興宗教のと隆盛と弾圧を描いた長編小説―高橋和巳『邪宗門』

戦前戦後のとある新興宗教の興亡を描いた長編小説です。 宗教とは?信仰とは?政治とは?農業とは?社会とは?権力とは?戦争とは?国家とは?、、、それらについての作者の考えが重厚な筆致を通じて伝わってきます。そしてそれらが個別 … 続きを読む 新興宗教のと隆盛と弾圧を描いた長編小説―高橋和巳『邪宗門』

生と死、そして自分を深く見つめた末にたどり着いた"小屋"―高村友也『僕はなぜ小屋で暮らすようになったか 生と死と哲学を巡って』

あまりに生きづらすきて隠遁したところ、無限の自由と孤独を手に入れ、計らずもミニマリストとして注目された男の哲学的自叙伝です。 自作スモールハウスでの質素な暮らしぶりが注目された筆者の、幼少から現在までが書かれたあくまでも … 続きを読む 生と死、そして自分を深く見つめた末にたどり着いた"小屋"―高村友也『僕はなぜ小屋で暮らすようになったか 生と死と哲学を巡って』