セルジュ・マーシェニコフ―繊細な筆致、慈しみに満ちたまなざし


突然ですが、わたしは芸術作品に一目惚れをすることの多い人間です。とんでもなく好みな絵や写真をみつけてしまったが最後、画集や写真集を必死になって探しだし(作者が海外の方だと意外と大変なんですよね……)、お財布の危機もなんのその、一直線に向かうはレジ。今回紹介させていただくSergey Marshennikov(セルジュ・マーシェニコフ)についても、そのお決まりの流れを辿りました。

セルジュ・マーシェニコフは、ロシアのウファ出身の画家であり、1971年生まれで現在も精力的に活動なさっている方ですが、まるでルネサンス期のもののような品のある絵を描かれます。彼の作品のほとんどは(もしかするとすべてなのかもしれません)裸、あるいは薄布やゆったりとした衣服をまとった少女や若い女性を描いたもの。眠っている姿が描かれることも多く、慈しみが滲みでるような筆致や彼女たちの安らいだ寝顔は、以前リヒテンシュタイン展の記事で紹介させていただいた、フリードリヒ・フォン・アメリングの「マリー・フランツィスカ・リヒテンシュタイン侯女2歳の肖像」をどことなく彷彿とさせます(一目惚れの連鎖……)。

Art Masters 97 Sergey Marshennikov / Dirk Stursberg / Createspace / 2014
Art Masters 97 Sergey Marshennikov / Dirk Stursberg / Createspace / 2014

彼の画はネット上で閲覧できるものも多くありますが(TumblrInstagram)、これはぜひとも紙媒体で手元に置いておきたい、と画集を探していてみつけたのが、写真の『Art Masters 97 Sergey Marshennikov』。どうやら1冊ごとに1人の画家の作品を特集していくシリーズであるらしく、解説や作者略歴などに割かれているページがほぼないため、見た目の薄さに反して内容にはかなりのボリュームがあります。お値段も控えめなので、わたしのような一目惚れ衝動に抗えないタイプにとってはとてもありがたい1冊。

ゆっくりページを捲りつつ、美しいものが手元にあると、それだけで幸福で満たされるなあ、としみじみ思う今日この頃です。

当店では、画集・写真集の買い取り大歓迎です。出張買取も承りますので、お気軽にお問い合わせください

本の出張買取
受付時間10:00~20:00(日曜11:00~18:00)
携帯電話も通話無料
古本買取のお問合せ・相談

投稿者:

店員N

店員N

ネット販売担当