『ずっとお城で暮らしてる』―本の形をした怪物


今回紹介させていただくのは、シャーリイ・ジャクスンの『ずっとお城で暮らしてる』です。前回の『わたしを離さないで』に続き、タイトルの印象的な作品を選んでみました。

作者シャーリイ・ジャクスンは、どちらかというと恐怖小説で有名な人物のようですが(代表作『たたり』でスティーヴン・キングに激賞されたという経歴の持ち主)、この作品にはホラー要素はほとんど含まれていないので、そちらの方面が苦手な方でも楽しめると思います(いや、微かに、含まれている、かも……? 以下のあらすじを読んで平気なら大丈夫なはず )。

あらすじを簡単に述べると、「主人公メアリ・キャサリン・ブラックウッド(メリキャット)は、彼女の父母や親類を毒殺したと目される姉・コンスタンス(コニー)と、生き残った伯父・ジュリアンとともに周囲から隔絶された屋敷で幸せに暮らしていた。しかし、ある日突然そこに闖入者が現れ、彼女たちの〈美しく病んだ世界〉は崩れてゆくが……? 」という具合です。

カバー裏表紙の作品説明には「悪意に満ちた外界に背を向け、空想が彩る閉じた世界で過ごす幸せな日々」とあり、この説明文からすでに、桜庭一樹が「本の形をした怪物」と評した、この作品の独特の雰囲気が漂ってきます。花でいうならジギタリスのような、あの、観賞用に栽培されるくらい綺麗なのに猛毒のある感じ。

ずっとお城で暮らしてる / シャーリイ・ジャクスン / 東京創元社 / 2007
ずっとお城で暮らしてる / シャーリイ・ジャクスン / 東京創元社 / 2007

作中に「メリキャット お茶でもいかがと コニー姉さん/とんでもない 毒入りでしょうとメリキャット」ではじまる歌がでてくるのですが、この歌、解説を読むに、すこし違った訳のバージョンで曲がついているようですね。歌ってみたいような、みたくないような。

かなり癖があり、人を選ぶ作品ではありますが、ピンときた方はぜひ読んでみてください。

ところで、ここ数年の疑問なのですが、創元推理文庫で文庫化される作品って、どういう基準で選ばれているのでしょう。「推理」要素が、ないとは言えないにしても、ほとんどないに等しい作品が結構選ばれている気が(桜庭一樹の『赤朽葉家の伝説』であったり、J.M.スコットの『人魚とビスケット』であったり、この『ずっとお城で暮らしてる』であったり)。読み終えたあと、つい「“推理”……? 」と首をかしげてしまうんですよね。まあ、結果としておもしろい作品を揃えてくれているので、文句はないのですが。

当店では、創元推理文庫の買い取り大歓迎です。出張買取も承りますので、お気軽にお問い合わせください

本の出張買取
受付時間10:00~20:00(日曜11:00~18:00)
携帯電話も通話無料
古本買取のお問合せ・相談

投稿者:

店員N

店員N

ネット販売担当