日本ポップス史のトリック・スター、近田春夫の名仕事。VIBRASTONE歌詞集『VIBE RHYME』(サイン入り!)


今年で66歳になる近田春夫という人をご存じの方は、彼が何をやっている人間か、という質問に対してどう回答することでしょうか。国内外のポップスに造詣が深いミュージシャン、最近ではPerfumeもカバーした名曲『ジェニーはご機嫌ななめ』でおなじみジューシィ・フルーツの生みの親、『考えるヒット』の著者、たまにTV番組『タモリ倶楽部』に出てるおじさんタレント……その活動スタイルはまさに百面相。

マルチな才能を持つ近田春夫のキャリアのスタートは、1970年代初頭まで遡ります。当時はグループ・サウンズ(GS)流行の末期。彼はロック・パイロットというGSグループや羅生門というバンドに参加し、そして1972年、自らの名を冠した近田春夫&ハルオフォンを結成。歌謡曲をカバーした3rdアルバム『電撃的東京』で歌謡曲の新解釈を世の中に提示することに成功しました。そして1979年に近田春夫&BEEFというバンドを結成、ほどなくして同バンドを発展的解消させて、ジューシィ・フルーツというバンドに作り変え世の中に送り出し、プロデューサーとしても成功をおさめます。その後も近田春夫&ビブラトーンズ、ヒップホップに接近しPresident BPMとしてラップに挑戦、NO CHILL OUTという名義でゴアトランスにも手を出し、テクノ・トランス・プロジェクトRiceなど、幅広いボーダーレスな活動を今も続けています。同時に70年代から雑誌やラジオ、テレビ等メディアにも登場し、歌謡曲への造詣の深さや芸能に対する辛口評論で、作品だけでなく彼の人となりも注目されました。

VIBRASTONE(ビブラストーン)

その膨大な量の彼の仕事の中でも、個人的に白眉であったと思うのが1980年代後半から1990年代中盤まで活動した人力ファンクヒップホップバンド、VIBRASTONE(ビブラストーン)です。ホーンセクションを従えた大所帯のビッグバンドから生み出されるダンサブルな演奏と、政治・社会・メディア・世間に対する痛烈な批判性を持った歌詞の奇跡のマッチング。音・詞、どちらも単体としても十分に魅力的なものでした。

レコード会社の自粛により、VIBRASTONEのCDには歌詞が記載されませんでした。今回紹介する『VIBE RHYME』は、それらが歌詞集として1冊にまとめられ1994年に刊行されたものです。メッセージの活字化は、音にのせて伝わるのとまた違った歌詞の味わい方を教えてくれます。

VIBE RHYME / 近田春夫 / アイ・セクション / 1994年

その批判性のある歌詞は、VIBRASTONE結成直前の1985年に、近田春夫がPresident BPMとしてリリースした楽曲、『Mass Communication Breakdown』ですでに萌芽が見られます(『VIBE RHYME』にも収録)。マスコミに対する皮肉がこめられています。

少年たちの大好きな のぞき見ばっかの最低のT.V.ショウ ボクのまわりじゃ誰も見ない

最低のT.V.ショウ 最低のT.V.ショウ

(中略)

ホントーのタブーに挑戦してみてよ そしたらボクも応援するから

President BPM『Mass Communication Breakdown』(近田春夫『VIBE RHYME』収録)

数年前に、迫る2016年の改正風営法の施行により、クラブやライブハウスの営業・存続について巷で騒がれたことは記憶に新しいですが、VIBRASTONEは1987年の時点で当時の風営法について批判をしています。

土曜とか金曜とかの夜ぐらいはさ 少しくらいハメをはずしたっていいじゃないさ

十二時で終わるディスコなんてバカみたいじゃんさ

刑務所に入ってまで踊りたいなんてさ

そんなヤツがいるワケなんてねぇんだからさ

ハッキリ云ってひどい法律だと思うワケだからさ

(中略)

Hoo! Ei! Ho! は今世紀最後の禁酒法ってことさ

本気で守っちゃソンするバカだよそんなの見つからなきゃいいんだから

VIBRASTONE『Hoo! Ei! Ho!』(近田春夫『VIBE RHYME』収録)

そして1963年に当時の政策に対する抗議の焼身自殺をしたベトナムの僧侶ティック・クアン・ドックに向けられた、政権側の人間が発したショッキングな言葉を冠した楽曲『人間バーベキュー』の歌詞がこちら。体制への批判にあふれています。

政治家は名誉が大好き ボランティアーはやらない

(中略)

ほんとは奴隷がほしい

ほんとは差別していたい

ほんとはあいつころしたい

VIPでえばりたい

(中略)

フジだって朝日だってガスだって歌手だって

医者だって坊主だって神様だって

子供にあとを継がせるってことは おいしいからってことだぜ OK!

火炎放射器 このぐらい文句ないはずだ

動くな! 天国と地獄どっちへいきたい

人間バーベキュー

やわらかいしおいしいし黒焦げなら癌になる

オレの好きなバーベキューこの肉には味がある

VIBRASTONE『人間バーベキュー』(近田春夫『VIBE RHYME』収録)

VIBRASTONEの作品には、社会を皮肉った批判的な歌詞が痛快でありながら、聴いているリスナーへも疑問を投げかけ価値観に揺さぶりをかけるような歌詞が、この記事では到底紹介しきれないほどたくさんあります。興味が湧いた方はぜひ『VIBE RHYME』でその歌詞に触れてほしいですね。もちろん、サウンドも語り尽くせないほどファンキーでカッコイイですし、歌詞+音で完全な形になるわけですから、CDもチェックしましょう!

今や、批判性のあるバンドは国内外にたくさん存在します。ヘビーでエッジのきいた重厚なサウンドにのせて、過激な政治的メッセージを盛り込んだ歌詞を叩きつけるように歌う、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのような音も詞も攻撃性の高いバンドと比べてしまうと、VIBRASTONEのサウンドは軽くて聞きやすく、ボーカルも抑揚はありますがそこまで感情的ではありません。ともすればユーモラスであるかのように感じる可能性もあります。実際VIBRASTONEを初めて聴いた時に私はそう感じました(1980年代当時、リアルタイムでVIBRASTONEのサウンドその他がどう受け取られたのか私にはわかりませんが)。しかし、ポップでユーモラスな外皮をむくと中から猛毒の種子が顔を出すという、だからこそ毒性がより際立つような、新鮮な驚きがVIBRASTONEにはありました。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンを知ったあとで聴くと、ひねりの利いた変化球のような面白みを感じたのは事実です(余談ですがレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンは、先述の焼身自殺の僧侶ティック・クアン・ドックの写真を1stアルバムのジャケットに使用しています)。

近田春夫氏サイン入り。

実はこの『VIBE RHYME』、近田春夫氏のサインが入っている代物なんです! ただいまヤフオク!に出品中ですので、ご興味ある方はこちらからアクセスしてください。よろしくお願いします!(出品終了いたしました。誠にありがとうございました!)

古本屋 草古堂は、音楽関連書籍なども出張買取しております。古本の整理や処分でお困りの方は、どうぞお気軽にお問い合わせください

本の出張買取
受付時間10:00~20:00(日曜11:00~18:00)
携帯電話も通話無料
古本買取のお問合せ・相談

投稿者:

店員T

店員T

基本なんでも広く浅く。たまに楽器も触ります。