サン=サーンスさん


少し前ですが、市の企画で行われた小さなクラシックコンサートを鑑賞する機会がありました。木管楽器による小編成で行われたコンサートは子どもから大人まで誰もが知っている童謡や映画音楽を演奏しつつ古典的なクラシックも聴かせてくれるというアットホームなものでした。その中で演奏されたサン=サーンスの『動物の謝肉祭』がとても良かったものでちょっとこの春サン=サーンスにプチハマリ中 笑、3枚ほど購入したでしょうか。ロックでもジャズでもそのアーティストに夢中になって漁っている時ってメッチャ楽しいですよねぇ。

動物の謝肉祭
動物の謝肉祭 / パリ音楽院管弦楽団 / EMI / 1965年録音

「白鳥」で有名な『動物の謝肉祭』ですがタイトルからも想像出来るとおり結構どのジャケットも可愛いんですよね、ジャケットで選ぶなよって感じですがジャケット大事です、うん。もともとは室内楽用に作られたもののようですがこちらはオーケストラによる素晴らしい65年の演奏です。

死のの舞踏
交響曲第3番「オルガン」, 死の舞踏, バッカナール他 / シカゴ交響楽団, パリ管弦楽団 / GALLERIA / 1975, 1981年録音

こちらに収録されている『死の舞踏』、骸骨がワルツを踊り時折出てくるロックで言うところの “キメ” でしょうか、ここの部分、私にはたまりません。

当店では、クラシックやオペラなどのCDやDVDなどの出張買取をおこなっております! お気軽にお問い合わせください。

本の出張買取
受付時間11:00~19:00(日曜12:00~17:00)
携帯電話も通話無料
古本買取のお問合せ・相談

投稿者:

店主

店主

のりもの・音楽・ガジェット大好き