『はみだしっ子』―心に刺さる、永遠の名作


さて、皆さんは『はみだしっ子』をご存知でしょうか。「名前は知っているけど読んだことがない」、「今初めて名前を聞いた」という方、書店(まだ置いてあるかな……? )、あるいは古本屋に走ってください。探す手間と読む時間をかけるだけの、いえそれ以上の価値はあると請け合いましょう。

はみだしっ子 第1巻 / 三原順 / 白泉社 / 1996
はみだしっ子 第1巻 / 三原順 / 白泉社 / 1996

『はみだしっ子』は、三原順の代表作。絵柄の繊細な可愛らしさは70年代周辺の少女漫画らしいそれですが、展開されてゆくのは、人間同士の関わり方、あるいは戦争や人殺しといった、とても深刻なテーマを扱った話です(その分、合間に挟み込まれる番外篇にはコミカルなものも多く、ほっと一息つけるのでありがたい)。これほど読むのにエネルギーを使う漫画もそうないような……。

「親に捨てられ、親を捨てた子どもたち」である、グレアム、アンジー、サーニン、マックスを中心として物語は進みます。真面目に過ぎ、さまざまな物事を重く受け止めてしまい苦悩するグレアム、皮肉屋でお調子者だけれど身内に対して誰よりも慈しみ深いアンジー、元気がよく動物を愛し、人々の痛みに寄り添うやさしさをもつサーニン、最年少ですこし甘えたがり、しかし誠実で聡明でもあり、その無邪気さでグレアムたちを幾度となく救ってきたマックス。

それぞれが「親」という存在にまつわる重い過去を抱えていますが、それを受け止め乗り越えて彼らは成長してゆきます。この作品を読んだ人は、この四人全員が愛おしくなって、そしておそらく四人の中の誰かに特別な思い入れをもつようになるでしょう。ちなみに私はアンジーでした(アンジー好きの個人的な宣伝ですが、番外編「愛しのオフィーリア」をよろしくお願いします!! )。

この話のどこが素晴らしい、だとか、このコマのこの表情でのこの台詞が心に刺さる……、だとか、色々と語りたいことはあるのですが、なにぶん魅力的なところが多すぎてとても語り尽くせないので割愛させていただきます。少しでも興味を持ってくださった方は、とにかくまず読んでみてください。繰り返しになりますが、手間と時間、そして読み進める気力、それらに見合う価値はあります。

当店では、名作少女マンガの買取りを承っております。出張買取も行っていますので、お気軽にお問い合わせください

本の出張買取
受付時間11:00~19:00(日曜12:00~17:00)
携帯電話も通話無料
古本買取のお問合せ・相談

投稿者:

店員N

店員N

ネット販売担当