“昭和の夏”が来た―レトロボトル・空き瓶のある風景


珍しく筆まめな店員Tです。ここ数日は最高気温がずんずん上昇、半袖で過ごせるほどの陽気になってまいりました。そろそろキンキンに冷えた炭酸が美味しい季節がやってきます。

というわけで今回はレトロなジュースの空き瓶や、なんと瓶に入ったままのデッドストック状態のコーラなど色々入荷いたしましたのでご紹介させてください。

コカ・コーラ、ペプシ、ドクターペッパー、リボンシトロンなど。
コカ・コーラ、ペプシコーラ、ドクターペッパー、リボンシトロン、ラムネ瓶など。

色とりどりの瓶が並んで、なんとも涼やかではありませんか。コカ・コーラのロゴも、中身の黒色に映えて鮮やかで、カタカナの「コカ・コーラ」の字が飛び出してきそうです。しかも黄色くてかわいいロゴ入りケースに入っているんですよ。果たして賞味期限から何十年過ぎているんでしょうか……ペプシの瓶も、ロゴから昭和情緒を感じます。左下のリボンシトロンの瓶は少し青みがかっていて、飲む前から涼しくなりそうですね。ラムネ瓶のなかでは、例のごとくビー玉が揺れています。昭和の夏が我が社の片隅に蘇り、蜃気楼の向こう側にいつものおばちゃんが店番する駄菓子屋が見えてもおかしくない雰囲気です!

中でも私が強く惹きつけられたのがコレです!

中西商店の『キングサイダー』
中西商店の『キングサイダー』

青森県の中西商店でかつて作られ、今現在は生産されていないという幻の地サイダー、『キングサイダー』です! こちらも中身入りの未開封品ですが、よく見ると三ツ矢サイダーの瓶を再利用しています(地サイダーあるあるらしいです)。地サイダーとは地酒や地鶏などと同様、ご当地グルメ・ローカルフードの一つです。地元では親しまれたもののようですが、東京でこの未開封デッドストックはレアではないでしょうか!? 街おこし的、話題先行で作られたローカルフードではなく、古く昔から地元で愛された一品。平成21~23年の一世帯当たり炭酸飲料の平均支出第1位はなんと青森県であり、この結果はキングサイダーの後押しがあってのものかもしれません。

上記に紹介したもの以外にも、さまざまなレトロボトルたちをヤフオク!に出品いたします。ご興味あるコレクターの方はこちらをクリックしてください。くれぐれも「飲むために」入札しないでくださいね! (すべて出品終了となりました、ありがとうございました!)

当店では本だけでなく、レトログッズや玩具なども買取りいたします。どうぞお気軽にご相談、お問合せください。お待ちしております!

本の出張買取
受付時間11:00~19:00(日曜12:00~17:00)
携帯電話も通話無料
古本買取のお問合せ・相談

投稿者:

店員T

店員T

基本なんでも広く浅く。たまに楽器も触ります。