「待ってました!」の声響く 柳家喜多八 独演会 “喜多八膝栗毛 冬之寿(ことほぎ)”


新年あけましておめでとうございます。とは言うものの、もう年越しから幾日か経っております。届いた年賀状の返事はまだ書けていません。筆無精の店員Tです。本年もよろしくお願いします。

新年といえば初笑い、ということで1月6日に落語家柳家喜多八(やなぎやきたはち)師匠の独演会を見に銀座博品館劇場へ行ってきました。

落語が面白そうだということに感づいたのが去年の夏の終わりぐらい、ついこないだなんですが、動画や音源など残っている作品に触れることはあってもなかなか寄席に行くことは初心者にはハードルが高く思えました。しかし新宿末廣亭という寄席では土曜の夜に「深夜寄席」があって、二つ目(落語家さんの階級。「見習い」「前座」「二つ目」「真打ち」の順に上がっていく)の落語家さんのネタを4人分楽しめて500円という魅力にやられ、昨年の秋に私は初めて寄席を体験したのです。深夜寄席に通ううち、ある回で「熊の皮」という噺を初めて聴き、気になって「熊の皮」を調べたところ、柳家喜多八師匠の高座を発見、その面白さの虜になりました。

「深夜寄席」はワンコインという安さと、仕事帰りにいける時間帯という魅力があるのですが出演する落語家さんは全員「二つ目」です。もちろん「二つ目」でも面白い落語家さんはたくさんいらっしゃいますが、やはり「真打ち」の話芸を楽しんでみたい、見るのであれば惚れた師匠の独演会が見たい、ということで柳家喜多八師匠の独演会のチケットを購入するに至りました。

喜多八膝栗毛

私が喜多八師匠の何に魅せられたかといえばまず、声! 大事なことだと思うんですよ。話芸ですから、声の好みっていうのは非常に重要。これがまた色っぽさと飄々とした軽さを兼ね備えたいい声なんです。あと、イケメンであること! お着物ももちろんお似合いですが、トレンチコートとボルサリーノが似合うダンディで甘いマスク。あの瞳で見つめられたらご婦人はもう、たまらないですよ。ダンディな声とダンディな顔のコンビネーション、バッチリです! あとはウィキペディアの文章を引用するならば、

渋みのある声質ながらとぼけた雰囲気を持ち、出囃子からけだるい雰囲気で座布団に座り、一見やる気のない枕から、いつの間にか熱演に引き込み、爆笑をさそう

といったところです。そうなんですよ、初めて喜多八師匠の音源を聞いた時に「あんなしんどそうな枕から、こんなメリハリの聞いたパワフルな噺ができるなんて」と驚いたものです。そしてとぼけた中に皮肉がぴりっと効いた枕。私はとても好みです。

実は喜多八師匠、年末に体調を崩されて入院されていたのです。風のうわさではお足も悪くされて、随分お痩せになっていると聞き非常に心配だったのですが、無事1月6日に独演会は開催されました。師匠はやはりお足のことがあり、板付き(演者が舞台袖から登場するのでなく、あらかじめ高座に付いた状態で下げていた緞帳を上げる形式)で登場。幕が開けば客席からは割れんばかりの拍手と「待ってました!」の声。確かにお痩せになっていたけど、私は初めてのナマの喜多八師匠の姿にただただ感激。憧れの人が自分の目の中で動いてる、喋ってることが嬉しくて、終演後も上がりきった口角が下がるまで時間がかかりました。

喜多八膝栗毛・番組

この日の喜多八師匠の演目は「粗忽の釘」「長短」「盃の殿様」。私は夫婦ものの噺が好きで、「粗忽の釘」は引越をする夫婦のドタバタを描いたもの。私が初めて聞いた喜多八師匠の噺「熊の皮」も夫婦が登場する。私は喜多八師匠の演じる“気の強いしっかり者のおかみさん”が好きなんですよ。そんなカカアの小言に対して「なんだよ、面白くねえな」とぶすっとしながらも従ってしまうダンナも可愛らしい。喜多八師匠のひとつの身体の上に、夫婦二人の姿が浮かびあがるんです。

初心者ながらも感じたのは「間」「緩急」「リズム」が、二つ目の落語家さんのそれとは明らかに違うと感じました! もちろん演目そのものの魅力・好みもありますが、 演者が「間」「緩急」「リズム」を巧みに操られたなら、なんと表現していいのか悩みますが、何というか……もうお客さんは笑うしかないんじゃないかな、と思うんです。頭で考えて、面白いと感じて、笑う、という形もありますが、もう身体から「笑う」という反応を引き出されているような感覚をおぼえました。言葉の言い方、会話のテンポの心地よさ、たっっっぷり間をとった後で、そっと放り投げるような一言があってその直後急転直下の激しいツッコミ! もう一回同じボケが来るぞ……来るぞ……来るぞ……来たーっ! というような反復。もう私は笑うしかありませんでした。細い身体なのにどうやってあんなメリハリの効いた話芸ができるんだろうと、生で見て改めて感嘆。たっぷり楽しい時間を堪能し、帰りにスキップしたくなるほど幸せでした。

笑芸について初心者が長々と分析じみたようなことをして甚だ無粋な真似ではありましたが、本当に本当に楽しい時間でしたので、湧き上がる「書きたい欲」を抑えきれませんでした。失礼しました。

当店では、落語や伝統芸能などの関連書籍も買取り大歓迎です。どうぞお気軽にご相談、お問合せください。お待ちしております!

《2016年5月21日追記》

昨日、柳家喜多八師匠が癌により5月17日にお亡くなりになられたという報道がありました。謹んでお悔やみ申し上げます。体が動かなくなる直前まで高座に上がり続け、飄々とした持ち味をけして崩すことなく私たちを楽しませてくれた喜多八師匠の姿は、しっかりと目に焼き付いております。本当に本当にありがとうございました。

本の出張買取
受付時間11:00~19:00(日曜12:00~17:00)
携帯電話も通話無料
古本買取のお問合せ・相談

投稿者:

店員T

店員T

基本なんでも広く浅く。たまに楽器も触ります。