『暮しの手帖』に見るていねいな暮らし


現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」では、高畑充希さんら三姉妹が手がけることになる“女性のための実用雑誌”『暮しの手帖』(作中では『あなたの暮し』)が紆余曲折の末、いよいよ誕生しました。今作が始まる前に次回作が、書店員としては馴染み深い『暮しの手帖』の創刊にかかわるお話だと聞いたときから、いつ登場するのか楽しみに観ていたのですが、なかなかに待たされました!笑 真打登場によりこれまで以上に盛り上がるのは間違いなさそうです。

『暮しの手帖』は大橋鎭子花森安治のコンビで、戦後まもない物のない時代でもおしゃれに美しく暮らしたいと願う女性への服飾の提案雑誌『スタイルブック』からスタートし、昭和23年に健康をささえる「食」と家庭を守る「住」をとり入れて創刊され、以降平成の現在に至るまで愛されている超超ロングセラーの雑誌です。

暮しの手帖1

幕張店には古くて茶ばんだものから2000年以降に発行されたものまで店頭に並んでますが、昔のものと最近のものを見比べても、根底にある“日々の暮らしを丁寧に豊かで美しく”という提唱に少しもブレがないことに驚かされます。

暮らしの

広告を載せると、苦労してレイアウトを考えても広告がレイアウトを崩す、などの理由から広告を一切載せない、というこだわりもそのままです(←これ本当にすごいと思います……)。松浦弥太郎さんを編集長に迎えてから現代的なスタイルを取り入れはじめたとのことですが、見事に意志を継いでいるなあと感じます(2015年からは編集長に澤田康彦氏が就任)。

これからもライフスタイル誌のパイオニアとして、独自のスタイルを貫いて歩んでほしいものです。

幕張店では暮しの手帖のほか、天然生活、ku:nelなど女性のためのライフスタイル誌も各種取り揃えております。ぜひご来店くださいませ。

本の出張買取
受付時間11:00~19:00(日曜12:00~17:00)
携帯電話も通話無料
古本買取のお問合せ・相談

投稿者:

店員K